snowgoosetanのブログ

2023 中学受験予定?なはず!!

久しぶりに

ブログを久々に

併走をやめて自分の仕事量を増やしすことにしていたので、なかなかブログに向かうことが出来ず。以前までのわたしの中に占める熱量の割合は受験勉強95、仕事60くらいだったのが、今は受験勉強60、仕事90くらいになってしまった。

それが良いのか悪いのか。

確かに家庭内は穏やかな空気になり、弟も以前より伸び伸びと家庭で好きなことをしているし、わたしの仕事の面では新しい資格の勉強をしたり、技術の習得にと自分に時間を使えるようになって、次男どころか自分までも伸び伸びと意欲的に生活できていることに気がついてしまった。

長男の勉強に付き合っていると、生気を吸い取られていたんだなぁ。って本当に思う!!

素直に自分から勉強できる子ではないので、気持ちを引き上げるのが大変すぎて。

 

それと引き換えに目を覆いたくなることも。

 

併走をやめたことと引き換えに、算数がズルズル下がっていくという現象が

((((;゚Д゚)))))))

算数は毎日毎日の積み重ねで、決して手を抜いてはいけない教科ということを思い知ったのです(;ω;)

まぁ、当たり前のことですよね。

 

今更ながら組分けの成績

60<理科<算数<国語<4教科<社会<64

 

社会は今回は満点を取ることができました。

しかし、易しい問題だった為偏差値は低めですね。

今回も自分で計画を立てて学習していたので満点を取れたことは自信になったと思う。

 

国語は毎回こんな感じで、対策立てられず状態が続いていますがこのまま無対策で時が経っていくのだろうか......。

 

理科は社会を上回ることがほぼ無くて、多分苦手教科なのだろうな。と思っている。

理科の学習を後回しにしていることからも分かる。

どうにかしないとなぁ。と思いながら時が過ぎていく(。-_-。)

 

算数もやはりいまひとつな成績でした。

自分で計画を立てると応用をまるっと飛ばしているようで、それは負担が少な過ぎだろう!と感じる。

けれど、まだ助言はしていない。

塾で応用問題集も必須になったし、応用から逃げていては成績が伸びないことに自分から気がついて欲しい。

 

今回の組分けを見て、原因が分かっているのに無対策な自分に驚いているのだが、ここで口を出すべきか本当に悩む。

とりあえず、私が別室にいるとサボるということが判明したので、私も仕事をしながらダイニングテーブルに向かい合って座ることに決めた。

以前は一緒に問題を解いたり丸付けをしたりしていたのだが、それはもう凄い圧力だったらしい(笑)

こんな問題間違えたんだ〜。

なんて嫌味なことも言っていたようで。

他のことをしながら座っていれば、監視にはなるけど圧力は感じずちょうど良いと言われたので、しばらくはこのスタイルにすることにした。

 

あとは丸付けの仕事を再開しました。

なんと、間違っている問題も丸にしていてビックリです。

さすが小学生だな。と思うのと同時に、そこはうちの子は管理しなければいけないところだと改めて気づけて本当に良かった。

 

ということで、やることの指示はしないが監視と丸付けはするスタイルとなりました。

こうやって、また併走に戻っていくのかもしれません。

とにかく、算数の負荷を増やして欲しいな。

 

今週の読書

 

 

星降る島のフットボーラー

星降る島のフットボーラー

  • 作者:倉敷 保雄
  • 発売日: 2019/05/21
  • メディア: 単行本
 

 

 

世界創造株式会社 1 (星海社FICTIONS)

世界創造株式会社 1 (星海社FICTIONS)

 

 

 

 

 

私が勉強のお手伝いをやめて

勉強の手伝いをやめて

私が勉強の併走をやめてからちょうど2週間が経った。

お正月もさらっと勉強をしてほとんど自分の好きなことをして過ごしていたし、学校が始まってからも毎日1時間くらいの勉強量で、本人はとっても楽しく過ごしている様子。

からしたら、これ、塾の宿題すらやりきれないのでは?

できたとしても、間違った問題の2度目なんてやることはないんだろうな。

って暗い気持ちになってしまう。

何がつらいって、私自身の気持ちの整理がつかないこと。

息子と一緒に勉強することは楽しかったし、計画を立てるのも嫌いではなかった。

穏やかに進むのであれば、受験終了までずっと息子と一緒に走り抜けたかったのだけど、息子本人の気持ちを尊重して自分で進めてもらうこととなった今回。

勉強のやり方に口を出さないのがこんなに辛いなんて(*_*)

頑固で自分で必要性を感じなければ自主的には勉強できないような性格だから、今回の件でじぶんに気づきがあればと思うのだけど、ダラダラと時が過ぎていくだけになりそうな予感です(-_-;)

 

志望校判定テスト

 

そんなこんなで志望校判定テストがあった今週。

結果は全体で8割をきってしまう。

今やってる単元も大切なのだけど、振り返っての復習も大切なんだよな。

でも息子の頭の中には復習なんてまったく考えていない様子。

復習するなんてことは当たり前のことなんだけど、目の前のことしか見えていないので、今やってる単元しかやらないようです。

困ったなぁ、一体どうなっちゃうんだ( ゚д゚)

理科と社会、ぽっかりと忘れ過ぎてる!!

 

今週の週テスト

今週の算数は場合の数2です。

先週は勉強をしていないのに良い点数が取れたので、更に勉強をしなくなりました。

Sクラスで偏差値が良かったものだから、変な自信がついてしまったよう。

今週のテストで一度落ちるところまで落ちた方が良いと思ってしまっている私です。

今回、週テストと志望校判定テストの結果が立て続けに出たのですが、範囲の広いテストの結果が悪いというのは良い傾向ではないな。と思う。

目の前の勉強をやっつけ仕事でやっている、あるいは思考力が足らない。あとは単純に努力が足りていないのですね。

今回は私からは何も言いませんが、自分で何か気がつくことがあるのだろうか。

 

 

ボードゲーム

我が家が勉強もせずに正月にしていたことは、ボードゲーム♟️

今まではモノポリーをしていたのですが、お正月にカタンというボードゲームを買いまして、家族全員でハマってしまったのです。

作物や鉱石、木や羊毛を育てながら開拓地を広げていくゲームなのですが、仲間と交渉したりしながら時には欺いたり、なかなか頭の使うゲームで面白い!!

楽しすぎて拡張版を2種類購入して変化を加えてみたり、本当に家族で遊びすぎてしまった。

でも小学2年生の次男でも勝つことができたり、大人だから勝てるとも限らないのがファミリーゲーム向けで、変な喧嘩が起きなくて良いです^_^

次男曰く、信長の野望に似ているね!!僕も信長の野望をプレーしたい。

と言い始めまして。

いや、領地を増やすという点は似ているけど、あのゲームは2年生では無理だと思うのだけど‥‥。

龍造寺隆信でプレーしたいらしいです。ちょっとマイナーだなぁ。

 

カタン スタンダード版

カタン スタンダード版

  • 発売日: 2015/11/30
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 
カタン 商人と蛮族版 (拡張版) ボードゲーム

カタン 商人と蛮族版 (拡張版) ボードゲーム

  • 発売日: 2015/05/15
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

 

やっと更新!

 

 

やっと更新

クリスマス、お正月をはさんで何かと忙しく更新をサボってしまいました💦💦

年末年始にかけ本当にいろいろなことがあって。

私の仕事のこととか長男の勉強方針のことで頭がいっぱいになり、精神的に疲れ果ててしまって自分の心の整理が大変なとに。

結論から言うと、中学受験を諦めるギリギリのところまでの話し合いを親子でしました。

母親として、良い親子関係が築けなくなる寸前のところまで私の我慢の限界がきていて、中学受験を諦めた方が長い目で見ると良いのだろうなと感じたのです。

もちろん暴言も我慢して態度に出ないようにしていたのだが、これ以上続けると優しいお母さんでいられなくなるのかも。などと考え込んでしまい。

 

 

息子の考え

とにかく読書の時間が減ってしまうのが嫌で、勉強に対してお母さんに反発したくなってしまう。

ゲームのこと、読書のことで気が散ってしまって、雑に勉強を片付けたくなる。

勉強をすることは当たり前のことで、楽しくはない。

でも受験は諦めたくない。

 

主人の考え

本人が自発的に勉強したくなるまで待っては。

それが、今なのか、中学生でなのか、高校からか、あるいはそう言う時期は来ないかも。

でもそれも自分の人生。

私に対しては、勉強の併走はそこそこに自分の為に生きることも大切にして欲しい。

夢だった仕事に対してもっと人生を掛けてみては?

 

 

結論としては

全く勉強をしない日をつくりました。

それは日曜日です。

ゲームをして、図書館に行って一週間分の本を仕入れてのんびりしたいという息子の意見を尊重することに。

そのかわり、平日は一切ゲームをしないと自分で決めました。

あとは、一週間の勉強のペースを自分で決めて私は関与しないことに。

これで成績が落ちてもしょうがないということで。

塾の先生と話し合って一週間分のタスクを決めるようです。

 

自分自身のこと

私も仕事を増やして、やりたかったことをチャレンジすることに。

子ども2人の受験が終わるまではと仕事をセーブしてきたのですが、受注を増やすこととしました。

今まで出来なかった方面の技術も取り入れて新たなチャレンジも。

長男に自主性なんて早すぎると思っていたけど、頑固で自分が納得しないことはやらない、融通が効かない性格なので仕方がないです。

成績が落ち込むことは予想しているけど、本人が自分で考えてチャレンジしてみたいというので考えを尊重してみたいと思います。

本当はこうなる前に本人のキャパをみて、私が勉強量を加減したり、気持ちのコントロールをするべきだったのですが、私自身早くに独立したりなど、まだまだ社会経験やコーチングの勉強が不足していたのが原因で、もっと自分を成長させることが急務だと感じました。

塾の先生もこのことを知って、勉強スケジュールの調整をしていただけるとのことで本当に感謝しかないです。

 

この方針は今年から

自分で勉強スケジュールを考え始めてから初めての週テストが昨日ありました。

相変わらず国語が崩壊していますが、算数の点数はそこそこ。

ちょっと安心しましたが、本人が成績に少しだけ敏感になってきたように感じます。

でもテストの分析はまだまだ出来ないし、やり方も教えきれていません。

確実に勉強量は減るので、その影響はこれから出てくるのだろうと思います。

 

読書量は増えるそうです

本人曰く、勉強量は減らすけど読書量は増やすそう。

よく行く図書館の去年の記録を見てみたら、500冊借りていました。

もちろん読んでいない本や、眺めるだけの本もあったかと。

今年からは週に2回図書館に通うので、もう少し増やしたいとのこと。

あとは違うジャンルにも挑戦してみたいようです。

勉強量を減らしてなので私としては本当に心配です💦💦

まだまだ私の気持ちの整理がつかないこともありますが、少しずつ慣れていきたいと思います。

 

関ヶ原古戦場記念館

秋休み中部地方に行った時に、関ヶ原古戦場記念館に行ってきました。

何回も行きたいという感じではないけど、とーっても楽しかったです‼️

映像で学習出来るコーナーがあり、歴史好きでなくても勉強になります。

個人的にはこの絵に萌えました^_^

ビジュアル系でかっこいい‼️

 

⬇️子どもたちは井伊直政 赤備えに萌えるらしい。

 毛利家が好きというのと、島津義弘の敵中突破や捨てがまりに感動したらしく、写真を撮りまくりでした。

f:id:SnowGoosetan:20210110192152j:plain

f:id:SnowGoosetan:20210110192259j:plain

f:id:SnowGoosetan:20210110192217j:plain

井伊直政 赤備え

今週の読書

長男

 古戦場記念館に行ってから日本史が好きになったよう。

この本は5年生からもっと楽しめると思います。

東大教授がおしえる 日本史をつかむ図鑑

東大教授がおしえる 日本史をつかむ図鑑

  • 発売日: 2020/03/02
  • メディア: 単行本
 
決定版 日本の給料&職業図鑑

決定版 日本の給料&職業図鑑

  • 作者:給料BANK
  • 発売日: 2020/03/11
  • メディア: 単行本
 
世界創造株式会社 1 (星海社FICTIONS)

世界創造株式会社 1 (星海社FICTIONS)

 

 

 

第8回組分けテスト 偏差値などなど

第8回組分けテスト偏差値

 算数>65>4科>64>理科>国語>60>社会>55

クラス  S

 

組分けテストを終えて

今回は3ヶ月ぶりにSクラスに戻ることができた。

本人が喜んだかと言えばそれほどでもなく、偏差値やクラスにこだわりはないらしい。

それよりは、点数でここまでは取りたいというのがあり、例えば算数、168点までは自分で考えて回答できる、それ以上は問題との相性だ。とか、国語は110点以上、社会、理科は9割と目標を決めているらしい。

なので、今回はSに戻れたものの、その自分で決めた目標値には届かなかったので喜びもそこそこだった様子。

 

 

塾のクラス

息子は小規模校に所属しており、クラス替えも無い環境(常に同じメンバー)なのでクラスに関してはあまり関心がなく、日々の勉強が理解できていれば良い(ほぼ算数)というのと、家庭学習を少なく済ませたいということばかり考えている。

その他はゲームの攻略法を空想してばかりいるので、本当に受動的な学習しかしていない。

多分私に言われて逃げられないから勉強しているのかな。

 

それと、高校受験をしたくないというのが大きいと思う。

雑で大雑把で、細かいことは気にもならず、常に置き勉してしまう。

他人のことも気にならない。マイペースすぎる。

担任とは相性次第という性格。

内申はかなり厳しいと思う。

主人からしてみれば、私が内申を取れないと思い込ませすぎで、中学に入ったら自分で考えるだろう。と言うのだけど。

まぁ、とにかく私がそう決めつけたからかもしれないけれど、本人も内申とるのキツそう‼️となっており、高校受験したくないな。と思っているよう。

けれど、その動機だけではなかなか意欲的に自分から勉強が出来ない。

脱、受動的な学習からなかなか抜け出せないな。

 

クラス替えなどがあればモチベーションにもなるのかもしれないが、人と競うというよりかは自分の成績に向き合うという、自分との戦いに集中出来ているという点では良い環境ともいえるのかも。私としては大きな校舎に憧れてはいるのだけど。

クラス替えがない利点としては、超天才とも同じクラスで授業を受けることができる。

常に成績1桁のお子さんとも同じクラスになってしまっている。

よく先生に、君は勉強し無さすぎる!!と注意されるらしく、家庭学習はほぼしないようだ。教科書を一度読めば覚えてしまうらしい。

私も大学時代にそういう天才と出会ったことがあるが、小学生で絶対敵わない天才がいる。ということに気付ける中学受験ってある意味すごいなと思った。

その子に、早くSに戻ってこいよ。と言われたらしく、そのことだけは嬉しいらしい。

 

今後の学習方針

今回はSクラスに戻れたのだけど、実力からしたらたまたまで、Cクラス上位が実力だろうと思っていて、Sに定着するには本人の意思が必要だろう。

5年になったら成績は落ちていくものだと先生からのお話でもあったように、いかにキープしていくかが大事になってくるよう。

今月の目標としては、

①理科と社会の漢字記入を徹底する。

その週に理科と社会で習った単元の漢字はその週のうちに覚えきる。その為の漢字ノートをつくる。

②算数の間違えた問題のやり直しを続行する。

これを徹底してから1ヶ月たったのだが調子が良くなってきた。

間違えた問題をiPadのアプリに入れ、脳が効率的に覚えられる間隔で勝手に出題されるというものを導入してみた。

アプリに指示されるものだから、親子間の嫌な空気も大分減ったと思う。

③予習中心の学習を続ける。

先月から授業の前日に予習、授業で2回目を解くというのを徹底したら、脳への定着がよくなってきたように思う。

教えられるのではなく、一度自分で考えてみて、授業で確認というのが息子には合っていそう。

④夜寝る前に、理社の読み合わせ、及び穴埋めを口頭でする。

これも記憶力のためにしたい。

⑤毎日国語の問題を解く。

これも先月からやっているので続けたい。

⑥朝ご飯時に今日コラをする。

 

以上のことはできる限りやっていきたいな。

とりあえず、ケンカにならないように気をつけるを私の目標にします^_^

 

今週の読書

次男

今週はこのシリーズばかり読んでいます。

 

アラマタ生物事典

アラマタ生物事典

  • 発売日: 2011/07/15
  • メディア: 単行本
 
アラマタ大事典

アラマタ大事典

  • 作者:荒俣 宏
  • 発売日: 2007/07/13
  • メディア: 単行本
 
アラマタ人物伝

アラマタ人物伝

  • 作者:荒俣 宏
  • 発売日: 2009/06/26
  • メディア: 単行本
 

 

長男

休み休み読んでいるシリーズ。

今週はこの本らしい。

 アニメ化されているのでアニメから入るのもいいのかも。

天鳴地動: アルスラーン戦記14 (光文社文庫)

天鳴地動: アルスラーン戦記14 (光文社文庫)

 
暗黒神殿: アルスラーン戦記12 (光文社文庫)

暗黒神殿: アルスラーン戦記12 (光文社文庫)

 
蛇王再臨: アルスラーン戦記13 (光文社文庫)

蛇王再臨: アルスラーン戦記13 (光文社文庫)

 
魔軍襲来: アルスラーン戦記11 (光文社文庫)

魔軍襲来: アルスラーン戦記11 (光文社文庫)

 

 

 

 

第8回組分けテスト素点

組分けテストに向けて勉強の状況

ブログの更新に時間があいてしまいました。

 

息子の分からない問題に対しての姿勢が酷すぎて、その不機嫌さとか、何に対しても文句を言ってみたりなどの反抗的な態度に疲れ果ててしまっていて。

 

分からない問題があったら、解けるまで頑張る。とはならないんですよね。不貞腐れてしまうというか、急に全ての勉強のやる気をなくしてしまったり。

 

そんな様子を見て主人に、

「長男は勉強に向いてないよ。本人がやりたいと思った時に勉強を頑張る方がいい。けれどそれは今ではないよ。」

などと言われてしまう。

 

勉強をやってるんだか、やってないんだか分からない状況の今回の組分けテスト。

分からない問題は放置しているという状況での結果。

 

 

組分け素点

 

算数 >8割

国語 >7.5割

理科 >8割

社会 >9割

4教科>8割

 

今回の組分けは平均点が高そうな予感。

国語がまぁまぁとれた時は平均が高くなるような気がする。

 

算数は息子の言葉で言うと、ボスとラスボスまるっと落としてしまった。

全く歯が立たなかったらしい。

きれいな空欄で、算数で空欄があるのが初めてでビックリしてしまった。

分からなくても今までは何かしら書いてはいたので。

その他の基礎的な問題は全て正解で160点となった。

たしかに予習シリーズは2周しているので基礎には強くなった感じが私にも伝わってきてはいたが、やはり応用。

問題につまづくと不機嫌になり投げ出していたのが今回のテスト結果で出たのかなと感じる。

分からなくても応用問題に挑戦していく経験というのが大事になってくるのだろう。

とりあえず基礎は固められてはいそうなので、応用問題の経験を増やしたいところ。

でも、まぁ、息子の態度が変わらないと無理だとは思うけれど(/ _ ; )

 

社会と理科は今回はあまり良くないかな?

理科はなんでこんな問題で間違ったのか分からないと言っていた。

自分で分析してもらいたい。

自分で気が付かないとケアレスミスは治らないと思う。

国語はドボンしなかっただけマシかな。

 

今回は8割は超えることができたけれど、Sにはあと一歩届かないような気が。

まぁ、結果を見てから今後の計画を立てたいと思います。

 

今週の読書

 次男の読書

猫町ふしぎ事件簿 猫神さまはお怒りです

猫町ふしぎ事件簿 猫神さまはお怒りです

  • 作者:廣嶋玲子
  • 発売日: 2020/10/05
  • メディア: 単行本
 

 

図書館の 新刊コーナーに廣島先生の本があった。

10月発売ということで新刊ですね。

とっても楽しかったらしい。

 

 

 

長男の読書

 

また借りてきている。

何度もリピート。 

ヒックとドラゴン<完全版>(全16巻セット)

ヒックとドラゴン<完全版>(全16巻セット)

  • 発売日: 2016/10/01
  • メディア: 単行本
 

 

お取り寄せ

第13回野菜とくだものづくり

 

私がフルーツ大好きで、よくお取り寄せでフルーツを食べるのだが、最近は社会に無理やり関連づけてみんなで勉強しながら食べることに。

ちょうど予習シリーズで野菜づくりや果物づくりを習っているので自然と頭に入っていると良いのだけど。

 

f:id:SnowGoosetan:20201203153259j:plain

 今回のお取り寄せ

 

蜜柑🍊   紅まどんな

りんご🍎  ぐんま名月 

 

 

紅まどんなは愛媛県オリジナルの伊予柑転換先品種。

実がトロトロでゼリーのよう。内皮も薄く子供たちが大好き

 

ぐんま名月は群馬県で選抜育成された品種。

酸味がなく、甘味が強い。シャキシャキの歯応えで蜜が盛りだくさん。

こんなに蜜入るの⁉️と驚くほど。

一番好きなりんごかもしれない。

 

 

⬇️りんご生産量

りんご大学より

 

f:id:SnowGoosetan:20201203154335j:plain

 

 

f:id:SnowGoosetan:20201203190114j:plain

 

ぐんま名月を産んだ群馬県は8位ですね。

子供たちと確認しています。 

 

 

 

みかんの話

紅まどんなの農家さんからの手紙に、南向きの斜面で日光をたくさん浴びています。と書いてあって、長男は教科書に書いてある通りだ!!と言っていた。

思えば、みかんの段々畑を見た事がないのかもしれない。

絵ではなく、写真で段々畑を見せてみた。

 

私が当たり前と思っていることでも、子どもはまったく知らないとか、話だけで見たことがない。ということは多いのだろうな。

テレビもあまり見ないので余計に世間知らずかもしれない。

 

長男は新しい品種が生まれる背景のようなものを知りたがっていて、交配の仕方や、その果物のかけ合わせを非常に面白がっていた。

紅まどんなでいえば、ジューシーさは母親の南香から、薄い皮とオレンジのような甘みは父親の天草から引き継いだなど、自分で調べてはなるほどー!良い特徴が引き継がれる確率は低そうだな。などと独り言を言っていた。

 

 

ウルド浩太郎さん

 

前に図書館で借りた本に、ウルド浩太郎さんの

「ウルド昆虫記 バッタを倒しにアフリカへ」

を読んで、アフリカ大陸の農業被害の原因となっているサバクトビバッタのことを知ったのも

農業研究に興味を持つきっかけだと言っていた。

 

 

ウルド昆虫記 バッタを倒しにアフリカへ

ウルド昆虫記 バッタを倒しにアフリカへ

 

 

 この本は息子も私も楽しめた一冊でおすすめです。

大人向けの本が児童書の新刊として出ているのでルビが振ってあって問題なく読めます。

 

サバクトヒバッタの記述は少なめですが、著者のアグレッシブで楽しい人柄に惹かれるというのと、苦労の多い研究を面白おかしく書いてくれているので、研究者ってこんなに楽しいの⁉️と思わせてくれる爽快な文章が魅力です。

長男も分野はわからないけど、研究者になりたい!などと言い始めたり。

 

読書は自分で選んだ情報を好きなだけ取捨選択できるのが魅力ですよね。

テレビも良いのだけど受動的に情報が入ってしまうので。

 

計算問題

計算力が落ちたよう

今日も息子は同じ時間に起床。

毎日同じルーティーンで朝勉まで淡々とこなしていくのだが、1ヶ月ほど前からその朝勉のメニューを変えてみたのだが、ちょっと失敗してしまったかも。

変更前は

  • 計算問題集
  • 漢字とことば
  • 白地図

 

上記を20分以内でやって時間が経ったら終わるというルールでやっていた。

しかし、前日の塾で間違えた問題や、質問した問題等のやり直しを記憶の新しいうちに繰り返して定着させたいとの思いから予定を変更してみることにした。

変更後

  • やり直しの算数の問題
  • 漢字とことば
  • 白地図

計算問題集を前日に間違えた習得して欲しい問題に変えただけなのだが、先週の週テストで単純な計算問題でミスが出てしまう。

もともと計算ミスをしやすい息子なのだが、最近はゆっくりやることで改善されつつあったので思い切って計算問題集をやらないという選択をしたのだが、少数と分数を習ったタイミングだったので、余計にミスが出てしまう。

 

公文や先取り学習をしていないので、分数と少数の混ざった計算は初めて習ったのだが、流石に1週間では習得できなかったよう。慣れるまで繰り返し計算問題集をやらないと!!

こういう時に、公文を習わせてあげればよかったなぁと思いますね(/ _ ; )

また明日からは計算問題集を朝勉に加えることにした。

しかし、これ以上朝勉の量は増やさないと約束しているので、やり直しの算数を帰宅後に持ってこないといけなくなった。出来るのだろうか??塾のある日はそのままやらずに終わりそうな予感(*_*)

 

今後の予定

  • 計算問題集
  • 漢字とことば
  • 白地図
  • 今日コラ

今日のコラムは、試しにやってみたら?と聞いてみたら出来そうとのことなので朝勉に加えてみた。

これも朝勉に加えてから1週間経ったのだが、無理なく出来ている様子。

この4つを引き続きやっていきたい。

 

割合

明日の週テストは割合だ。

応用Aまでは終わっていたので、次の単元の場合の数の予習をすることにした。

予習シリーズは予習するために作られた教材なだけあって、真剣に取り組めば自分の力で進めることが出来るよう。

この日に予習シリーズの場合の数の予習を終えることができた。

先週から予習中心の勉強方法に変えてみたのだが、本人も本文をじっくり読むようになったので以前よりも集中して取り組めているような気がする。

もう少しこのやり方で様子をみてみることとする。

しかし、明日のテスト、割合を覚えているだろうか?

新しい単元を頭に入れてしまっているので過去の事と捉えられていそう>_<

しかし、中学受験のカリキュラム、1週間で新しい単元を習得するなんて本当に中学受験生は忙しすぎるよね。十分頑張ってる‼️

 

今から図書館

予約した本が届いているとのことで、今日どうしても図書館に行きたいとお願いをされた。

明日の週テストまでにやらないといけない宿題が残っているのだが、時間内にその宿題を終えることが出来たら図書館に行こう!ということにした。

 

今超高速で宿題に取り組んでいる息子。

普段の2倍くらいのスピードだ‼️

やればできるじゃん^_^

って思っちゃいます。

 

今週の読書

長男の為に購入した本なのですが、面白くて主人と私がが読んでいる。

歴史好きが読んでも楽しめる本だと感じる。 

息子たちに質問されても、一緒に議論できるくらいの知識は必要ですよね。

私も勉強です^_^